フォトアルバム

最近のトラックバック

更にダンス!ダンス!ダンス!

  • Dancing2_4
Powered by Six Apart

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

boulangerie labo ficelle /パン-西区南堀江

以前 コチラ で読んだパン屋さん。

なんでも大阪の有名フレンチ屋さんなどにパンを卸している「池田商店」さんという

お店のパンを買えるお店だそうで、

しかもそのお味がかなり「ウマー!」なんだそうで、

そう聞くと自称「パン好き」としてはウズウズしてきましたので、行って参りました。

 

といってもこのお店月曜と土・日・祝が閉まっているお店なんですが、

なんと偶然 このお店近辺で仕事の用件が舞い降りてきたのでルンルン気分で

行って参りました。

「パンの神のご加護」ですね~。

 

 

そんなわけで行ってみると パンが商店街の八百屋さんみたいに路上に平積みされた

なんとも面白いスタイルのパン屋さん。

で、そのラインナップはほぼ全てハード系っぽい陣容だったんですが、どれも魅力的な

ためお店前の路上をウロウロウロウロ…かなり吟味しながら購入して参りました。

 

 

11_4 まずは ドライトマトとブラック

オリーブとクリームチーズが

入ったコレ。

材料からいえばピザなんです

酵母生地が素朴でピザを

しつこくなく、おいしー。

 

 

 

 

 

22_4 カボチャクリーム混ぜ込んだ

金時豆入り。

カボチャ生地のやさしい甘さと

金時豆のホクっとした食感が

とても秋らしい。

子供にも安心してあげられる

朗らかなおやつパンです。

 

 

 

 

33_4 これは チーズとクルミ。

コクのあるチーズとたっぷり

練りこまれたクルミとの味の

コラボがとてもおいしい。

チーズとクルミのコンビって

あんまり食べたことなかった

ですが、すごくいいです。

 

 

 

 

44 クランベリーとホワイトチョコと

クリームチーズ。

クランベリーのキュッとした

甘酸っぱささと、クリームチーズ

の風味とまったり感、そこに

ホワイトチョコの甘みが

隠し味のように効いていて

ステキな甘みに仕上がっています。

 

 

55 ソーセージとマッシュポテト。

マッシュポテトは生地に

練りこまれているので、

見た目には判りませんが、

食べると芋のデンプンからか

むっちりとしております。

 

 

 

 

 

66 最後はドライフルーツぎっしり

フルーツロール。

割ってみるとナッツとドライフル

ーツがどっちゃりです。

最近こういうパンをよく見かけま

すが、何度食べても酵母生地と

ぎっしりのナッツ&フルーツの

組み合わせはやめられません!

 

 

そんなわけで、酵母生地バリバリのハードっぽいパンばかりでしたが、

乾いた表面と わってみるとしっとりほど良くウエッティーな中身という

上質な仕上がりにめちゃ満足です。

 

また その生地のおいしさに おいしいパンが必ず持っている

食べ終わると またすぐあの生地の旨み、香りを感じたくなる「後ひき感」がコチラの

パンにも健在で、個人的にハマってしまいそうです。

 

あと 大抵のメニューが¥150~¥200くらいの価格帯が素晴らしいっ!

 

土・日・祝・月と 行きやすい日が全てお休みなのが実に悔しい! と叫んでしまい

そうな良いパン屋さんです。 

 

 

houseShop Data

boulangerie labo ficelle ブーランジェリー・ラボ・フィセル

大阪市西区南堀江3-12-26

TEL:080-5705-0805

10:30~19:30くらいまで(売り切れ次第終了)

定休日: 月、土日祝

HP: http://ameblo.jp/labo-ficelle/

 

お店の雰囲気:

本文にも書きましたが お店の前の路上にパンを並べて販売されているパン屋さんです。

店員さんはとても感じがよく、親切でした。

 

予約:

売切れ次第閉店なので、遅くに行かれる方は注意が必要です。

パンの予約は受け付けてらっしゃるようなので、そちらを利用されても良いですね。

 

 

2008年10月30日 (木)

旬味まゆとろ /マグロ料理-福島区野田

とある日、野田阪神周辺で仕事の用件があり、

午前中で仕事が終わったので、ちょいと中央卸売市場までランチをしに行きました。

 

11_3 向かったお店は市場横で

営まれている

「旬味まゆとろ」さん。

マグロ専門卸が直営している

割烹料理店で、

お昼はお得なお値段で

新鮮なマグロを食べられる

ランチメニューが評判です。

  

 

 

  

 

 

 

 

 

そんなわけで今回僕が注文したのはコチラ まぐろ三種丼 ¥1000

33_3

「まぐろ三種」というだけあって、 中おち ・ 中トロ ・ トロ と三種の部位が一つの丼で

味わえます。

 

コチラのお店では ランチに限定10食で「大とろ丼」¥1200 というスゴイメニューが

あるそうなんですが、その大トロは半分お刺身、半分炙りとなっており、

今回訪問した時間では十分10食に間に合ったのですが 個人的に「炙り」の魚が

苦手なため、大トロのお刺身に後ろ髪引かれつつ 三種丼にしました。 

 

そんでもってこの三種丼ですが、真ん中に温泉玉子ととろろが乗っかっており、

それを囲むようにマグロのそれぞれの部位が並んでおります。

で、このマグロが 市場卸直営なんで当たり前かもしれませんが メチャ新鮮で

ぷりっと旨い!

 

22_3 あと、このメニューには

おでんとみそ汁がついて

きます。

丼自体の量がそれほどでも

ないので、おでんがついて

いるくらいでガッツリ男子は

丁度いい といった感じで

しょうか。

 

 

そんなわけで、東京出張の朝食は「築地」が定番となっていましたが、

大阪ではランチに「中央卸売市場」っていうのも良いですね happy01shine

 

 

houseShop Data

旬味まゆとろ

大阪市福島区野田4-1-39

TEL:06-6469-1000

11:00~13:30 / 17:00~22:00(L.O 21:00)

定休日: 日曜(月曜、祝日は夜のみ)

HP: http://mayutoro.net/

 

お店の雰囲気:

本文にも書きましたが、中央卸売市場の横にあるお店です。

お店の中は和食屋さんの雰囲気で、カウンターとテーブル席のあるお店なので、

一人でも 多人数でも使えるお店です。

 

予約:

僕は平日の11:30頃行きましたが、前に二組ほどお客さんが入っている程でした。

ランチタイム近くになると賑わってくるようです。

 

 

2008年10月29日 (水)

たこ焼き道楽 わなか /中央区難波千日前

息子も2歳になり、最近ベビーカー無しで1時間くらいトコトコトコトコ…歩けるように

なったので、週末2人でいろんなところを散歩するのが父の楽しみになりました。

息子は何故だか「電車好き」なんで、散歩と言っても大抵電車に乗って その先々で

散歩することが多いんですが。

 

そんなわけで、今回のネタも息子との散歩途中のネタ。

歩けるようになったのと共に、最近では大人と同じようなものも食べられるように

なってきたので、散歩の道中で「買い食い」という楽しみも父はゲットしました(笑)

 

で、そんな買い食いのターゲットはもっぱら「粉もん」

やはり大阪に生まれた宿命として、「粉もん」に対する英才教育は必須でしょ。

 

というわけで、なんばを散歩していた時に食べたのが なんば花月横に店を構える

「たこ焼き道楽 わなか」さんの たこ焼き 8個入 ¥400

11

正直「わなか」さんの前は幾度と無く通っていて、

週末の昼間ともなれば観光客や若者で賑わっている光景を目にしていたので、

あ~ 観光客相手のたこ焼き屋さんかぁ~ 程度にしか見ておらず、

味には期待していなかったんですが、

実際食べてみると ごめんなさぁ~い!!  かなりおいしゅうございましたぁ~。

 

外はカリッとしていて、中はトロトロの たこ焼きとしては理想形。

ソースとマヨネーズの相性は言うまでもなく、親子揃ってハフハフと幸せな時間を

過ごしました。

 

そういえば、息子にとっては今回がたこ焼きデビュー。

たこ焼きデビューがNGK横のわなかさんって… コテコテやなぁ~(笑) coldsweats01

 

 

houseShop Data

たこ焼き道楽 わなか

大阪市中央区難波千日前11-19 

TEL:06-6631-0127

11:00~22:00

定休日: 無休

HP: http://www.wanaka-ooiri.com/

 

お店の雰囲気:

本文にも書きましたが なんばのど真ん中なんば花月横にあるお店です。

たこ焼きはテイクアウトもできますし、横の路地を入ったところにある店舗内で

食べることもできます。

 

予約:

何列もある鉄板で焼き上げていくので それほど待つことなく、アツアツのたこ焼きを

楽しむことができます。

 

 

2008年10月28日 (火)

プティドールのウキウキプリン /近鉄難波駅駅構内

今日からまた関西ネタ。

 

ある日息子と散歩に出かける際、奥さんから「帰りにプリン買ってきて~」と頼まれた

ので、どこぞのプリンが良いかな~と街中をうろうろしていたところ、

道中 近鉄電車に乗ろうと入った近鉄難波駅の駅構内で「Petit Doll」というお店の

店先に ウキウキプリン ¥525 というおもしろいメニューを見つけました。

 

11_2 パッケージはこんな感じ。

円筒形の容器に、

白い球体が2個入って

ます。

この白い球体がプリンです。

 

 

 

 

 

22_2 昔、駄菓子で

「ぶどう羊羹」のようなものが

こんな形状であった記憶が

ありますが、

ゴム風船の中にプリンが

入っており、爪楊枝などの

尖ったもので「プチン!」と

突いて「プルン!」とプリンが

出てくる そんな楽しい仕掛け

になっています。

 

 

で、プリンはこんな感じ。

33_2

真っ白でコロンとかわいいフォルムです。 

 

その白さに象徴されるかのように一口食べた印象としてはミルクの風味が前面に

出ているような ふわりとまろやかなお味。

そしてコクや深みというよりは どちらかというとあっさりと後に残らないさっぱりした

食べやすいお味と感じました。

 

そのあっさり感を補うようにカラメルはしっかり甘くて、

プリントカラメルを一緒に食べるとコントラストの強い味の差が口の中で融和されて

プリンだけで食べるのとは また違ったおいしさを感じます。

 

そんなわけで、お味もおいしいし、

また何より食べる時の趣向が何だか楽しいので、一風変わった「手みやげ」として

良いのではないでしょうか。

 

 

houseShop Data

Petit Doll プティドール 難波店

大阪市中央区難波4-1-17 B2

TEL:06-6212-6039

10:00~22:00

HP: http://www.petit-doll.com/

 

 

2008年10月27日 (月)

東京 笹寿司 /駅弁-東京駅グランスタ

東京出張ネタ 6軒目。

そして今回の出張ネタ最後のネタ。

帰阪後の夕食として 「mango tree deli」 さんでお買い物をした後、

もう一品何か買おうといつものように「駅弁屋 極」さんを訪ねてみました。

 

11 そこで発見したのが

この 東京 笹寿司 ¥1000

一箱にいろんな味のお寿司が

入っており、ネタはどれも

東京にゆかりのある味ばかり。

 

 

 

 

 

中はこんな感じ。

22

穴子・かに・小鯛・さけ・わさび・あさり佃煮・季節のおこわ・葉とうがらし という

渋いながらも食いしん坊の心をくすぐるラインナップとなっております。

 

33 笹をはずすとこんな感じ。

かわいらしいサイズの

お寿司で、パッケージや

趣向も女性を意識している

展開に感じます。

確かに、新幹線で女性が

食べるのなんかにピッタリな

お弁当かもしれません。

 

で、お味の方ですが、どれもおいしかったですよー。

特に穴子とわさびが印象的でした。

穴子はお弁当のものなので そんなに期待はしていませんでしたが、

とろ~っとした旨味がシャリとよく馴染んで、おいしゅうございました。

 

 

さぁ、明日からはまた関西ネタ再開です。

 

 

2008年10月24日 (金)

mango tree deli 【参】 /タイ料理-東京駅 グランスタ

東京出張ネタ5軒目。

「神楽坂 五十番」 さんでお買い物後、銀座を後にして東京駅へ。

 

最近の東京出張の定番は 新幹線に乗る前に東京駅地下に広がる「グランスタ」で

その日の夕食を買って帰ることになっているので、

この日も新幹線の時間までグランスタ内を散策しました。

 

そんな中見つけたのが 今まで2度ほど訪ねてそのお味のよさを気に入っていた

タイ料理デリのお店「mango tree deli」さんの店先においてあった

カオマンガイ ¥880

11

今まで幾度となくこのお店の前を通っていましたが、このメニューは今回初めて

見ました。 新メニューかな~。

 

22 内容はいわゆるアジア料理の

チキンライス(カオマンガイ)

なんですが、隠し味にお味噌を

使っているそう。

で、実際食べてみると

お味はアジアンチックに

ピリカラで、ごはんがサクサク

食べられるような味付けです。

 

ごはんメニューなんですが、ついついビールにまで手を伸ばしてしまいそうな

味わい。

なかなか良いです。

 

こちらの定番人気メニュー「グリーンカレー」を追い越すほどのおいしさでは

ないですが、たまには こんなメニューも良いなぁ~ というアジアン全開な

お味です。

駅構内でこんなメニューが買えるって やっぱり東京はスゴイな~。

 

 

2008年10月23日 (木)

神楽坂 五十番 /中華まん-松屋銀座

東京出張ネタ4軒目。

「歐林洞」 さんで濃厚ガナッシュショコラを購入後、松屋さんでもう一軒お買い物。

それが今回ご紹介する「神楽坂 五十番」さん。

本店は名前のとおり神楽坂にあり、むか~しに一度訪ねたことがあるのですが、

その時の味が懐かしく思い出に残っているため今回松屋さん内のお店に行って

きました。

 

 

購入したのはコチラの3品。

11_4

外観からは何が何だかわからないですが、

とにかく 五目肉まん ・ チーズ肉まん ・ エビチリ肉まん という3種を購入してまいり

ました。

 

そんなわけで、各メニューをご紹介。

手でわしゃっと割ったので、見苦しい断面になってしまい申し訳ないです coldsweats01

 

22_3 五目肉まん ¥580

ひときわ大きい

というかとてもどデカイ

サイズの中華まん。

ぶぁかっと割ると中からは

まずタケノコがどっちゃり。

あとうずらの玉子やエビや

ギンナンが入っており豪華!

 

 

 

33_3 チーズ肉まん ¥420

文字どおりチーズの入った

肉まんです。

今回は家で温めて食べたので

割ってみるとチーズがトロトロ。

そのトロトロチーズが絡まった

肉まんはまろやかな口当たり

になっていておいしかったです。

 

 

44_2 エビチリ肉まん ¥500

肉まんというより、ほぼエビチリ

ですねー。

そしてこれが結構辛い!

辛いの得意な人には余裕の

おいしさでしょうが、辛いの

苦手な人には限界ギリギリな

辛さだと思います。

 

 

そんなわけで、ユニークな肉まん達でしたが、このお店にはまだまだ名品・珍品が

数多く揃っています。

また機会があればいろいろ食べてみたいです♪

 

ちなみに今回購入したのは全て温めて食べる冷めたタイプの肉まんです。

松屋銀座のお店には温められた肉まんもあるようでしたが、

たぶんいろんなメニューがあるわけではなく オーソドックスな肉まんくらいだった

と思うので、食べ歩き派というよりは手みやげに持ち帰る派にオススメなお店です。

 

 

houseShop Data

神楽坂 五十番 松屋銀座店

東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座B1

TEL:03-3567-1211(代)

10:00~20:00

定休日: 松屋銀座に準じる

HP: http://www.50ban.com/

 

 

2008年10月22日 (水)

歐林洞のガナッシュショコラ /松屋銀座

東京出張ネタ3軒目。

舞台は出張内の全ての業務を完了した3日目の午後。

3日間とおしてやっと東京での自由時間なので、新幹線の時間まで「銀ブラ」をして

優雅に時間を潰しました。

 

そんな中 家へのお土産を購入。

 

11_3 まず買ったのは

外箱も店名もどこか

威風堂々といった感じの

鎌倉にお店を構える洋菓子店

「歐林洞」さんの

ガナッシュショコラ ¥1238

 

 

 

 

 

いわゆるガトーショコラやブラウニーといった感じのチョコレートケーキで

中身はこんな感じ。

22_2

 

 

33_2 で、カットするとこんな感じ。

最近 神戸・御影の有名な

チョコケーキ「うなぎの寝床」

食べたのですが、

それと比較してみると

歐林洞さんのものは非常に

濃いっ!

 

 

 

どこまでもとことんチョコ満開で、しかもラム酒がふわりと香る大人な雰囲気 shine

こりゃチョコ好きにはたまらない一品に仕上がっています。

そんな濃いチョコケーキですが、使用しているチョコがたぶん上質なものなのでしょう

しつこさやクドさ、胸焼けする感じは皆無で上品に仕上がっています。

チョコに目がない方なら一本丸かぶりも可能 …かどうかはわかりませんが(笑)、

思わずそう言ってしまいそうになるような上品な濃さおいしさを感じます。

 

 

houseShop Data

歐林洞 松屋銀座店

東京都中央区銀座3-6-1 銀座松屋B1

TEL:03-3567-1211(代)

10:00~20:00

定休日: 松屋銀座に準じる

HP: http://www.panaderia.co.jp/order/orindo/ ←コチラで「お取り寄せ」できます。

 

 

2008年10月21日 (火)

MAISON KAYSER /パン-池袋サンシャインシティ

東京出張ネタ2軒目。

今回は2泊3日で行ってきたのですが、2日目の夕刻 池袋での仕事を全て終え、

さぁ ディナーにでも繰り出そうかと思ったのですが、

周りにいた仕事関係の人間全員が先約だの他の仕事の用件だので予定がつかず、

結局 池袋くんだりまで出向いて一人でディナーということになりました。

 

となると 一気に外食する気が萎えてしまって、それならホテルでゆったり一人

ビールでも飲みながら旨いパンでも食べようと、サンシャインシティまで行き

依然 日本橋で購入した「MAISON KAYSER」のパンを買って帰りました。

 

 

11_2 クロワッサン プラリネ ¥245

クロワッサンと言えばメゾンカ

イザーさんと言われるくらい

クロワッサンのお味に定評あ

るお店ですが、そんなクロワッ

サンの中にプラリネが巻き込ま

れた一品です。

 

 

 

 

22 カシスとバナナのデニッシュ

¥289

サクッとしたデニッシュ生地に

カシスジャムとその中に浮かん

だバナナが印象的な一品。

きっちり甘いですが、

キレイに上品な印象にまとまっ

ているのがさすがです。

 

 

 

33 デリスペカン ¥285

ピーカンナッツ、ホワイトチョコ、

シナモンパウダーが練りこまれ

た、ステキなパン。

実際チョコはそれほど感じま

せんが、ナッツはぎっしりで

食べ応え十分!

しっとりウエット感ある中の

生地も素晴らしい!

 

 

44 舞茸とチキンのフーガス ¥380

これは数量限定商品だった

ように思います。

素朴なフーガス生地に

舞茸・チキン・チーズという

組み合わせが乗った一品。

ピザのような感覚で食べられる

ビールによく合う一品でした。

 

 

そんなわけで、さすがメゾンカイザーさんという感じのどれもハイレベルなお味。

お値段は少々高めですが、パンのサイズが結構大きいし、何よりお味がステキ

なので納得価格と思います。

関東圏でニョキニョキと、また名古屋にもお店があるメゾンカイザーさん。

あぁぁ~… 大阪にもお店ができないかな~。

 

 

houseShop Data

MAISON KAYSER メゾンカイザー 池袋店

東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティアルパ1F

TEL: 03-3980-8880

ベーカリー   7:30~21:00(日祝日10:00~21:00)     
カフェ/バール 11:00~23:00

定休日: サンシャインシティアルパに準じる

HP: http://www.maisonkayser.co.jp/

 

お店の雰囲気:

日本橋のお店は自分でトレーにパンを乗せるタイプのお店でしたが、

コチラ池袋店は対面販売のお店となっています。

また池袋店はカフェだけでなく、料理も食べられるバール使いできるお店となって

います。

 

予約:

僕が行ったのは土曜日の18:00頃でしたが、お客さんもたくさん来ていて、

パンもたくさん並んでおりました。

 

 

2008年10月20日 (月)

本格中華麺店 光麺 /ラーメン-東京都豊島区南池袋

今日から9月末に池袋方面で仕事した「東京出張ネタ」を連載していきたいと思います。

…と言っても 池袋ネタってほとんどないんですけどね(笑)

 

そんなわけで数少ない池袋ネタのひとつが今回の記事。

品川から池袋駅に降り立つとランチタイム20分ほど前。

今回は同僚一人同行の出張だったので、二人でランチ処に向いました。

池袋は全国的に有名なラーメン激戦区。

というわけで折角だからラーメンを食べに行こうと数ある店から向ったのは

池袋駅からすぐの距離にある「本格中華麺店 光麺」さん。

東京ではチェーン展開されているそうですが、

コチラの「熟成光麺」というこってり豚骨が自分の舌に合いそうなので、行ってみました。

 

てなわけで、コレが 熟成光麺 全部のせ ¥990

11

前述の豚骨スープのラーメンにトッピングできる具材が全て付いてくるメニューです。

ちなみにこのトッピングはラーメンの上に乗って来ず、別皿に盛られてやってきます。

 

で、気になるお味ですが スープはクリーミーで とても味わいやすい豚骨で、

素直においしいお味です。

全部飲みきるのは難しいですが、飲んだすぐ後にまた口をつけたくなるような

クセになる旨みがあります。

 

トッピング具材も強烈な個性はないですが、ソツのないラインナップでイイ感じ。

トロトロチャーシューや半熟煮玉子など 食いしん坊男子的に外せない品々を

キッチリカバーしてくれているのは嬉しい限り。

 

ちなみにこのお店、ランチタイムはラーメンを頼むと小ライスやプリンなどの一品を

セットにできる嬉しいサービスがありますよー。

 

 

houseShop Data

本格中華麺店 光麺

東京都豊島区南池袋1-18-22 1F・2F

TEL:03-3971-3008

11:00~翌5:00

定休日: 無休

HP: http://www.kohmen.com/

お店の雰囲気:

女性一人でも入られるようなキレイ目カジュアルなラーメン屋さんです。

実際女性客もたくさん来られていました。

今回は1Fのカウンターで食べましたが、2階席もあるそうです。

 

予約:

今回はランチタイム前の入店だったので難なく座れましたが、

結構有名なお店なので、ランチタイム時はそれなりに混み合うんではないでしょうか。