フォトアルバム

最近のトラックバック

更にダンス!ダンス!ダンス!

  • Dancing2_4
Powered by Six Apart

« やき亭ぼーの /焼き鳥-中央区心斎橋筋 | メイン | 西洋和菓子 SHOGETSU /スイーツ-福島区福島 »

2008年4月21日 (月)

トゥール モンド /フレンチ-西区土佐堀

Jrch_w_u 随分アップするのが遅くなり
ましたが、先月僕の誕生日祝いに
奥さんと食事に出かけた時の
レポートです。

お店は肥後橋にある
「トゥール モンド」さん。
今や大阪フレンチ界に燦然と輝く
有名ビストロです。


で、このお店 もうかれこれ2年越しくらいで ずぅぅぅ〜っと行きたかったお店で、
ビストロらしい 豪快なたっぷりポーション且つ その裏に隠された繊細で斬新な創意工夫が
評判で その料理たちをお腹いっぱい食べてみたいと思っておりました。

そんなお店に 今回念願かなっていけることになり、喜びと興奮を抱えつつ
いろいろこのお店について調べてみると、どうやら今年の1月からお店のシステムがちょいと変わった模様。

以前までならディナーで味わえていたガッツリビストロ料理ですが、
現在のディナーは シェフにおまかせのフレンチ懐石のようなコース料理のみになっているそうで、従来の「ガッツリアラカルト」は今はランチで提供されるようになったそうです。


そんなわけで、僕がこのお店に求めていたのは「ガッツリビストロ料理」だったので、
今回は夫婦二人で ビストロでのガッツリランチをいただいてまいりました。


3pbq2l8z まずいただいたのは
本日のスープ \380
この日は極上ブランドジャガイモの
「インカの目覚め」を使った
ポタージュでした。
う〜ん、不味いわけがない(笑)


続いて 鶏レバーのリエット \850
Jit3oefl
可愛らしい器に入ったリエットを上に乗っかっているサックサクのパンに塗って食べるのですが、
文句なく めちゃウマ。
レバーの臭みはほとんどなく、レバーのコクやまったり感をしっかり拾い上げたようなお味。
何より 乗っかっているパンがおいしい!


そんでもって パテ・ド・カンパーニュ \1600
Taa618lw
先程の「リエット」からレバー続きになってしまいましたが、当方無類のレバー好きですし
このメニューはフレンチに行ってメニューにあれば絶対食す大好きな一品なので、
迷わず注文。

コチラのパテは濃厚さやこっくり感がなかなかなところもさることながら、
パテの中にナッツや野菜類が入っているところが面白いです。

全てパテで構成されていると このお店のガッツリメニューたちの合間に食す一品としては重くなりすぎるところですが、それを野菜類を入れることにより 食べやすさと食感の楽しさを併せ持つメニューになっております。


お次は メニューには書いていない「本日のお料理」から
とても立派なアスパラガスを使ったグラタンのような見た目の一品です。
Lqw2l_td
長さ20cmを余裕で超えそうなとても立派なアスパラガスに 「デコポン」を使った柑橘類の甘酸っぱさを持ち合わせたソースをかけて焼き上げた楽しい一品です。

大きいアスパラガスはサイズとは裏腹に大味ではなく、またデコポンのソースもそんなアスパラガスの春らしい香りと旨味を引き立てるような味わいに仕上がっていて おいしかったです。


そして ここらでそこそこお腹が膨れてきましたが、ここまではあくまでも「前菜」(笑)
ここからが「メイン」です!


というわけで、メインが運ばれてきました。
ポーションは ずど〜んと鍋一杯!
今回オーダーしたメイン料理 米沢豚の肩ロースとキャベツの蒸し焼き \2800
Nun67j_k
メニュー名には豚肩ロースとキャベツしか書かれていませんが、その他にも野菜がてんこ盛り。
先程スープで味わった「インカの目覚め」も入っており、とてもキレイな黄色でまるで栗のようです。

Gwh0cffb で、鍋から取り分けると
こんな感じ。
豚肉は分厚く、ナイフとフォークで
挑むとその弾力ある肉質に
苦戦してしまいましたが、
いざ口に入れてみると
先程の激闘がウソのように
さっくりとした食感でウマイです。

お味もシンプルながらも ググッとくる奥深い旨味とコクが絡まっていて、
野菜も そんなお肉の旨味を吸い込んで アルコールなしには始まらないような
一皿(一鍋?)に仕上がっております。


そんなわけで とてもパワフルなメインを食した後で
「デザートでしめる? どーする?」と奥さんと相談していたんですが、
二人の共通意見として今の段階で かなりイイ感じにお腹一杯。

デザートを食べられない「限界ギリギリ」ってわけじゃないんだけど、
これ以上食べてしんどくなったら今の良い気分が勿体ないし、お店を出てから 福島のあたりを散歩しようと計画していたので、とりあえずこの日はこれで投了。


そんなわけで、デザートをいただくことなく ベルトの穴をひとつ緩め、お店を後にしたのですが、
30歳を迎える記念すべき誕生日を祝う その記念日にピッタリな おいしいひと時を過ごせました。
また いつか行ってみたいな〜 shine


houseShop Data
トゥール モンド
大阪市西区土佐堀1-4-2 西田ビル1F
TEL:06-6444-8819
11:30〜14:00(L.O) / 18:00〜22:00(L.O)
定休日: 日曜

お店の雰囲気:
とてもオシャレな雰囲気なのですが、店内は料理とおしゃべりを楽しむ場というような
ビストロらしい適度に雑然とした雰囲気なので、肩肘張って気合入れて行かなくても大丈夫です。それと とても女性客の割合が多く、僕が行った日は満席でしたが 僕以外全員女性でした(笑)
サービスも必要最低限という感じで、有名フレンチのお店としては意外なほど
「あっさり」としたサービスでした。

予約:
大阪でも有数の人気店ですので 予約必須 です。
予約は3週間前から受付可能なようです。
本文にも書きましたが、昼と夜とでお店・料理のシステムがガラリと変わるのでご注意ください。




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/354629/15253932

トゥール モンド /フレンチ-西区土佐堀を参照しているブログ:

コメント

まずは、ようこそ三十路の世界へby今年は年男の勇者モアイsmile土佐堀もこんな店が出現しているのですね、私が通っていた中学校の校区ですからやはり20年以上も経つと様変わりしていますね。それはそうとpig「米沢豚の肩ロースとキャベツの蒸し焼き」のガッツリ加減はツボにはまっております。久々の土佐堀訪問を画策してみようかと思ったりもします。

毎度です。何歳になっても,誕生日はいいですね。リエット大好きなんです。フランス旅行に行ったとき,テーブルに素焼きの壺があってその中にペーストがはいっていました。料理が運ばれてくるまで,バゲットに塗ってワインと共に。。じゅる。

>勇者モアイさん毎度こんばんはー。三十路の世界へ足をつっこんだドス・セルベッサです(笑)土佐堀周辺 今やお洒落で実力派なお店がニョキニョキ建っていますよ〜。個人的に頻繁に行く場所ではないですが、それでもたまーに行ってみると あっちこっちに魅力的なお店があり、煩悩を刺激されまくりです。あ、そうそう 明日の記事からモアイさんと僕の母校周辺を散策したレポをお伝えします♪

>yusanさん毎度こんばんはー。おぉーフランス旅行ですか〜、いいなぁ〜 shine僕もずぅ〜っと奥さんにおねだりしているんですが、いつ実現されるのやら…(笑)でもって、テーブルに備え付けのペーストって最高じゃないですか〜!!僕 ほんとレバー好きなんで、その壺を持って帰っちゃいそうです。あー、バゲットとペーストが食べたくなってきた…。

ドス・セルベッサさんそういえばミクシィにしかアップしてませんでした。先月、卒業証明書をもらうのに母校訪問してましたちなみに「北京飯店」に「こんぴらさん」に「中華 信さん」の3店舗とも健在でした!

三十路突入なんですね!おめでとうございます(^^)オトコ30歳からですよ〜、これからもガッツリ食べてステキな30代をお過ごしくださいませ!その30歳のお祝いがトゥールモンドとはステキです。ガッツリはランチのみなんですね。いつか行けることを信じて、しっかり覚えておきます。それにしても肉肉しいお料理、美味しそうです〜♪

改めましてこんにちはしっかりメニューの為にディナーからランチへの鮮やかな転身…お流石ですドスさん!記事の最初の方に書かれていらっしゃるお店のお料理システムの変更を拝読して、‘ああそれならば是非ともランチに行かれたときの記事を拝見したい…!’と勝手ながら思っておりましたので、すごくすごくうれしかったです(私事で本当に申し訳ありません)今回も私のハートにストレートにダイレクトなお店ですお野菜たっぷりですねーそして食材の組み合わせ方も王道的なものあり斬新なものありでとってもすてきです特にスープとアスパラガスのグラタンと豚肉・キャベツの蒸し焼きのお料理に惹かれてなりませんいつかの日か本当にドスさんの御蔭で幽体離脱できてしまうんじゃないかと思う今日この頃ですそして前回のコメントにくださった御返事なのですが…も の す っ ご く う れ し か っ た で す イヤ ドスさんからの御返事はいつだってうれしくってわくわくしながら拝見しておるのですが、今回はガンバさんについて語ってくださったではないですか…!前述したと思うのですが関東在住の私は常態完全アウェー状態でありますですのでかなりガンバ語りに飢えておりましたサッカーに関して・ガンバに関して、まだまだまだまだまーだまだビギナーなのでこう申し上げるのも大変恐縮なのですが…シーズン初期のメンバー全員揃っての調整期間が極少であり、現在は主力選手を負傷で欠いているという状態にもかかわらず、あの鹿島を相手に、しかもアウェーでの勝ち点1は仰る通り御の字ですよね!寧ろ(素人見解でお恥ずかしいのですが)、得点には及ばなかったながらもこれからの躍進を確信させてくれる様な見応えのあるゲームであったと思いますまた、松代選手のことについてもお話くださって有難う御座います!ですよね!私も彼への交代に不安は全くありませんでした!そして思った通り、重いムードの中投入された彼のプレーはいかにも‘ガンバのチームキャプテン’らしいガッツ溢れるもので…!ほれぼれし、又、ガンバの選手層の厚さを改めて実感しました23日からのACL戦を皮切りに、キーパー陣の負傷の件で今後数週間は若干不安な気持ちも残りますが、彼らには‘勝利’の二文字が本当によく似合う!絶対に大丈夫!と彼らの勝利を信じてますわあ〜…いつものことながら本当に長々と…申し訳ありませんsweat01

>勇者モアイさん毎度おはよーございます。そういえば ここ何年と母校に行っていないなぁ〜。卒業して1、2年は何度か足を運んでいるんですけど、もう10年ほど行っていないですねー。今回も「母校周辺散策」とは書いたものの、ほぼ福島駅〜野田阪神間なので、母校の近隣には行ってないし。学校もちょっと変わっているんでしょうねー。僕らの次の学年から制服が「ブレザー」になったんですよねー。まぁ、「ブレザー」をカッコよく着こなす自信がなかったんで、僕としては学ランでOKでしたが(笑)

>k.dinoさん毎度おはよーございます。「オトコ30歳から」と なんとも勇気の湧くコメントをいただきありがとうございます。30を迎えて 1ヵ月ほど経ちますが、30歳になったショックはなかったつもりですが、何かの場面で年齢欄に「30」という数字を書きこむことに まだ若干の戸惑いを感じています(笑)まぁ、「オトコ30歳から」といえるような 30代に頑張ってしていきたいです!さてさて トゥールモンドさんですが、とても良いお店でした。どれもしっかりしたお味で、お肉がとってもおいしかったぁ〜 shineお店もお洒落な雰囲気で されどビストロっぽく 肩肘張らない雰囲気もあるので、おしゃべりを楽しんだり ゆったりと食事をいただいたりすることができます。ガッツリボリュームのランチなのに 女性率がめちゃ高なのも 納得でした。肉肉しいガッツリランチ、きっとk.dinoさん向きですよ(笑)

>キコさん毎度おはよーございます。パワフルコメントを頂戴し、ありがとうございます(笑)ご期待どおりの「ガッツリランチ」レポをお伝えできて何よりです。そりゃー ご存じのとおりのドス・セルベッサ夫婦なので、「小粋なフレンチ懐石」と「ガッツリランチ」を天秤にかけると瞬時にガッツリランチに傾いてしまいます。でも おっしゃるとおり ガッツリのわりに「野菜」も結構入っており、一見 お肉ばかりのメニュー構成ですが、何気に野菜もしっかり摂れているため、食後も「胃もたれ皆無」でした。でもってガンバネタですが(笑)、前もお話ししたとおりホームである大阪でも阪神信者はいてもガンバサポを探すのは困難で、キコさんとあまり状況は変わりません。喋られたとしても「代表の試合オンリー」なサッカーファンくらいでなんですが、僕から言わせると「それってほんとに日本のサッカーが好きなの?」って感じです(笑)代表も 元々「J」がなければ始まらないし、強くならないんだから「J」を観ましょうよ! と叫びたくなります。それに 何より「代表の試合だけじゃ遠藤選手の「凄さ」はわかんない!」で、ガンバですが そーですよねー 開幕当初は予想どおり 代表選手と新戦力との調整不足が露呈した感じですが、それでも結果だけ見ると上々だと僕は思っています。それに 観る側・応援する側からすれば 最近感じられれてきた「フィット感」「ガンバらしさ」がこれから きっと右肩上がりに高まっていくわけだから これほど楽しみなことはありません!そういう点で、昨年とほぼ同一のメンバーで今年戦っている鹿島とアウェーでドローという結果は 評価できるんじゃないかと思っています。あと、こっちはもうすぐ 加地選手・播戸選手が帰ってくるし♪これからACLから始まる連戦、確かにキーパー陣の負傷が気にはなりますが、でも逆に言えば もし二人の守護神を欠くようであれば 木村選手・木下選手という第三・第四という通常であれば出番に恵まれないキーパーが出場できるわけで、彼らにしてみると 絶好のアピールの場でありますから もし出場するとなると最高のパフォーマンスを魅せてくれると思いますよ。そういう意味で、キーパー陣は松代選手が出ても楽しみだし 木村選手・木下選手のどちらかが出ても楽しみだと思います shine個人的には今年のガンバ、去年の前半独走態勢より 今の「右肩上がり」の状態の方がワクワクします。何にしても 明日のACLメルボルン戦をガッチリ勝って ACL予選をアタマひとつ抜け出しちゃいましょー shine

コメントを投稿