フォトアルバム

最近のトラックバック

更にダンス!ダンス!ダンス!

  • Dancing2_4
Powered by Six Apart

« 「おめざ」作戦会議中… | メイン | 大相撲観戦 おみやげ袋の中身 »

2006年3月25日 (土)

大相撲春場所 /大阪府立体育館-2005.03.20

Fid9ajjl 今この記事を書いている現在も二日を残して朝青龍と白鵬が熾烈な優勝争いを繰り広げている 大相撲春場所 九日目に行ってきました。 大相撲には前々から 「死ぬまでに一度…」 と思うほど行きたく、ついに念願かない行ける事になったので、僕のような若造が座るなんて往年の相撲ファンが見たら 張り手を喰らわされそうな 「良いお席」 を奮発してとることにしました。 …まぁ、考えたら「生まれて始めて観たサッカー」が僕に 
Wt_nvxul 連れられて行った、カンプノウでの
FC.バルセロナの試合、初めて応援した選手が ロナウジーニョ という うちの奥さんよりはマシか… とかなんとか思いながら意気揚々とくりだしたのでしたsmile
で、いざ行ってみて思ったのが、まず相撲会場は外界とは別世界。そこは「角界」の「しきたり」で動いているので、初観戦の僕たちには何がどうなっているのかさっぱりわかりませんshock チケットに書いてあった説明どおり「本家」という会場前にあるお店でチケットを見せると、お店のお兄さんが「案内します!」とサッサ〜と人ごみをかき分けて行くのであの人とはぐれたら路頭に迷う!と悟った僕たちは必死にお兄さんについていきましたshock で何とか自分達の席に到着… 

Gyv1c8nm 「おぉ〜、土俵に近い!」 というのにまず感動、そして横の並びを見渡せば 京唄子 師匠 のお姿を発見して再感動sweat01 
で、ここからじっくりと ぬぬぬっ と相撲観戦に興じたのですが、やっぱり面白かったのは 高見盛関 ! 他の取り組みを見ていると 何だか ズンズンズンズン… という地響きが… 地響きの方向を見てみると、ほんと ロボットのように突き進み登場してきた 高見盛関! その姿に大阪のお客さんも湧きに湧く! 
830mhfuw いやぁ〜、この人はお相撲さんでありながら、一流のエンターテイナー だとこの日再確認しましたsmileshine 
あと個人的に見応えのあった取組みは 新世代の筆頭対決 白鵬×琴欧州 ですね。
内容自体見応えありましたが、琴欧州のヒザが万全だったなら なお面白い対決だったのではないでしょうか…smile 
それとここ何年と相撲を観てきた相撲ファンとしては 魁皇関 の今場所の取組みは一番一番感慨深いものがあります。 まだ今後の動向が決まってないようですが、一時は「負け越しなら引退」と囁かれていただけに、一時代をしっかり担った名大関の大きな背中に、会場に集まった大阪の相撲ファンの
熱い声援 が次々とかけられていました。

というわけで、15:30頃 会場入りしたのですが、朝青龍関 が貫禄の相撲で 旭天鵬関
打ち負かすまでの約2時間30分、きっちり楽しめましたsmile
このある種異様にも感じる、角界の世界に少し身をおかせてもらいながら その空間の中で、
各自がいろんな思いで一番一番楽しんで帰る。
実際に今回体験してわかったのですが、大相撲観戦は本当に 大人の粋な娯楽 でしたsmile
その証拠に 帰って開けた 大人な内容の 「おみやげ袋」 の中身に ビックリしましたsmilesweat01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/354629/15252816

大相撲春場所 /大阪府立体育館-2005.03.20を参照しているブログ:

コメント

いい経験しましたね。大相撲はTVでしか見たことありません。これからもがんばってください。

>BENELOPさんはじめまして、こんにちはsmileコメントありがとうございます。大相撲、僕も20ウン年生きてきましたが、先日初めてナマで観戦できました。テレビでの観戦も良いですが、ナマはナマでテレビでは見えないいろんな情景が見え、「これは、日本人なら死ぬまでに一度見た方が…」と勝手ながら しみじみと思いましたsmileBENELOPさんも もし機会があれば一度体験してみてください。日本の非日常的日本が味わえますよsmile

コメントを投稿